合格者の声


レトリカ教採学院(教採塾)の主催者、河野正夫に学んだ多くの受講者が教員採用試験に合格し、夢をかなえ、今も先生として全国各地の学校で活躍しています。
そうした「卒業生」から寄せられた生の声をまとめ、一部を公開しています。現在192名の声を掲載しています。
次はあなたの「生の声」をぜひお聞かせください。


レトリカ教採学院(教採塾)の講座を受講した最大の理由は何でしたか?
レトリカ教採学院(教採塾)の講座を実際に受講してみて、どうでしたか?
レトリカ教採学院(教採塾)の講座で学んだことは、教採合格後、教師になってから、役立っていますか?(役に立ちそうですか?)
河野・川上・Ryoの講師陣に一言、お願いします。


No.192 20歳代 女性 小学校
合格したいというのが1番!TwitterなどのSNSの先生の話の切り口やつぶやきのおもしろさで勉強を楽しくできそうというイメージがもてました!
自由感満載でどんな受講生でも受け止めてくれて、一人一人のことをわかった上で教えてくれてるなって思いました!2人からの切り口の違うコメントが貰えるからこそ、自分の視野を広げながら勉強できました!あとは勝手に友達できます。笑。でも友達ができたからこそ、みんなで集まって勉強するきっかけまで作ってもらえる……働き始めたら一緒に勉強する仲間なんて作るの困難だけど、教採塾で出会った仲間は本当に最高の仲間で一緒に頑張ってきてよかったって思います。
その仲間たちと一緒に受講するわけだから、盛り上がりながら勉強できるので6時間なんてあっという間!
“がっつり勉強しにきた!”というより“友達に会いに来て、一緒に話しながら勉強できた!”が強いです。
毎回の講座、やってる内容は膨大ですけど、膨大さなんて感じたことないです(^^)
はい。役立ちます。学校現場で広し視野で働くことができるきっかけを貰えたと思います!
毎回、講座で盛り上がりすぎてごめんなさい。笑 でも乗ってくれる河野先生と川上氏がホント好きで、楽しく勉強できました!!笑 そして勉強って楽しくなきゃいけないって改めて気付けました( ¨? )広島の夢の国は教採塾の講座でした!


No.191 30歳代 女性 養護教諭
ホームページやツイッターでみる河野先生の、他の教採予備校にはない考え方や方法論
正直初めは1ヶ月に一度の受講では教採の勉強としては足りないのではないかと不安もありました。けれど、その心配はありませんでした。講座が進むにつれて、自分がやるべきことがどんどん明確になってくる感覚がありました。私は臨採勤務をしていたため、講座のたびに日々の実践を振り返ったり、実践の意味を考え直す機会が圧倒的に増えました。
結果発表の前からたとえ不合格になっても、私にとっては必要な学びの時間であったと考えていました。知的な好奇心が満たされ、考えることが楽しいと感じながら学ぶ体験をできたことは、必ず役に立つと思います。
学ぶことが楽しいと感じられた10ヶ月でした。また、川上先生には願書の添削で、実践に合わせて具体的に添削していただきました。願書が形になることで、一次試験の対策に、より前向きに取り組むことができました。河野先生、川上先生本当にありがとうございました。


No.190 30歳代 男性 高等学校
面接でのパフォーマンスに不安を持っていたので、その解決のため
「戦略を持っていない、自分の職務経験でありのままの自分でどうにかなる、そう思っているから落ちるんです」というのがまさに本当だと思いました。とくに新卒のフレッシュさもなければ、中途半端な職務経験がある私が、河野先生の講義を受け、毎回新鮮な刺激を受けるとともに自信も失っていきました。というのも、私自身の経歴を河野先生や川上先生はこんなにも素敵な話にできるのか、という手腕をその場で演じてしまうからです。そして事実をそのまま述べるだけでは人を惹きつけられないということを学びました。
講座を受けている最中でも、自分の授業での語りに積極的にプロットを持ち込み、授業展開に持っていくようにしております。この視点は、教員人生の後に枝葉は変われども、幹として残るはずです。というより、魅力的な話をする基本なのでしょうね。
また、人前で話すことも多いので、その時々に構成を考え、効果的な配置をし、ことばを厳選、吟味、そして洗練して臨むようになると思います。
河野先生、川上先生お初めてお会いして自分の経歴を説明したときに「あなたは落ちる要素がない」といわれたのが印象的でした。アピール下手な自分が思っていた""アピール""というのは、他人に""媚びる""イメージがあったのですが、まったく間違いでした。効果的に話すことで魅力を伝え、本来の自分の仕事相手である生徒たちに魅力的な話を展開し、何かしら気がついた、あるいは新しい側面を見ると、彼らのこれからの人生に希望を持っていけるのではないか、とすら思います。というのも、自分でいうのもアレなんですが、授業の手ごたえがまるで違うのです。生徒により伝わりやすいことばで、想いを乗せて(いるように話すこともありますが 笑)、授業をしていくうちに、今回はどんな話をするのかと期待する生徒が増えています。おそらく、この先も授業を進めていく中で多様な生徒と出会い、自分の理解を超越するような事案もあると思いますが、教育の基本はそれほど変わらないかと思います。きっと凹むと思います。そのようようになったとしても、なんとかなるんじゃないかな、だってこう話せるし、と色んな側面をもらいました。
また、スーパーミーの話も、勤務校が就職メインのため、非常に役に立っています。スタートラインに立つためにも必要なスキル、として紹介させてもらっています。
長くなりましたが、本当にありがとうございました。


No.189 20歳代 男性 高等学校
ブログ等を読み、受けようと決めました。
当たり前なことだけど、全くできていなかったことに気付かされました。相手の印象をコントロールできるようになりました!
笑顔っすね!
全国展開すべきです!


No.188 20歳代 男性 小学校
大学院生2年の時受講させていただきました。大学4年時、大学院1年時の2年とも二次試験までいき、筆記、実技、論述は満点近く取れているにもかかわらず、面接が3割程で不合格だった為、面接力を鍛えなければ一生合格しないと思っていた時、ネットで教採塾を見かけて受講しました。
面接力を高めるテクニックを学んだ後、実践を中心に行っていく講座でした。少人数である為、一人一人の解答にアドバイスや代替案を指導してもらうことができました。川上先生や河野先生の講座ではテクニックや解答の作り方を教採合格の観点から学び、Ryoさんの講座では人に印象を与えるにはどのような表情や動きが大切かなど対人関係の観点を学び、力をつけていくことができました。それは、他の方の解答や演技を客観的に見る事でこうすると印象が高そうだなど、実感を伴った学びを感じることが出来たからだと思います。また、面接が苦手な人の特徴に緊張して話せないという事もあると思いますが、Ryoさんの講座を1年間受ける事で緊張も味方につけられるそんな講座でした。
教採塾ではありふれた言葉(思いやりや寄り添うなど)を嫌います。面接練習の時からこのような抽象的な言葉に頼らず、どのような教師になりたいのかを具体的に考える事が多いです。そのため、実際に働いた時にも、子供たちの具体的な姿を想像して指導できるのではないかと思います。また、Ryoさんの講座で表現力を学びました。これは教師として子供たちの前での授業や保護者の前での会話や教員同士の職員会議など、どの場面でも活用していくことができると思っています。
川上先生には、大変助けられました。中々自分の思いを瞬時に言葉にできず、面接の解答に苦しんでいましたが、自分のイメージを話すと川上先生がまとまった言葉に変換してくださり、自分の頭を整理するきっかけになりました。
Ryoさんには緊張し過ぎの私を優しく見守り、褒めて伸ばしつつ、どのような心情でその場に立てば良いか教えていただき、昔とは緊張が全く違うものに変わることができました。
河野先生にはあまり会っていませんが、初めて会った模擬授業の講座の時、先生の模擬授業を見て目から鱗が落ちるようで、先生の授業を参考にして改めて模擬授業を考えるきっかけになりました。
本当にありがとうございました。


No.187 40歳代 女性 高等学校
なかなか自分ではできない発想や言葉のアイデアが魅力的だったから。面接練習だけでなく、英語講座があるのも受講理由の1つでした。
さすがに自分の言葉の力のなさや、模擬授業力のセンスのなさに撃沈しましたが、大事なことを教えてもらいました。言葉の使い方次第で、同じことでも、説得力のある表現にかえてもらい、それが合格に繋がりました。
何度も心が折れましたが、最後まで見捨てず指導くださり、ありがとうございました!河野先生と川上先生のおかげです!一言では言い尽くせませんが、これからの授業づくりのヒントにさせていただきます!
河野先生も川上先生も、言葉が的中しているだけに鋭くて、いつも怖い存在でした。笑
でも、時々、指導愛も感じました!笑 素敵なペントハウス、大好きです。今度は遊びに行きたいです。ありがとうございました!


No.186 20歳代 男性 高等学校
二次試験で毎年不合格が続き自分でも何が原因かわからない状態だったとき、Twitterやブログを読み共感したのでこの塾に賭けてみよう思ったから。
面接に対してトラウマになっていた自分に的確なアドバイスと、温かい励ましの言葉を頂いて自分でも行けると自信になった。
河野先生の実演される授業や考え方はとてもためになりました。これからもTwitterやブログを拝見します。
4月からの短い間でしたが本当にお世話になりました。


No.185 20歳代 男性 小学校
「ラクして合格」の言葉に惹かれて入りました。実際に受けてみるとラクして合格できる講座内容でした。
とても楽しい講座でした。毎回笑いありの内容で講座に行くのが楽しみでした。楽しみだったので、勉強にも身が入りはかどりました。
「スーパーミー」は、実際の現場でとても役立っています。毎日慌ただしい中でも子どもと向き合う時は、理想の自分を常に演出するよう心がけています。
スーパーミーを常に心がけて、やっと合格の2文字を河野先生、川上先生、Ryo先生に言うことができました。常に面白い講座をありがとうございました!


No.184 30歳代 男性 高等学校
自分に合う戦略を一緒に考えてもらえるから
オンラインの受講は地方に住んでいる自分にとっては金銭面、時間面の両方の負担が軽減できるのでとても良かったです。個別の面接対策を周りの方々の面接を参考にしながらも面接対策として自分のオリジナルを作っていけるので、私が求めていた講座でした。
役立つと思います!河野先生の考え方や価値観に触れて、自分の視野を広げる事が出来たと思っています。古い慣習にとらわれず、自由な発想で教師の仕事に取り組んでいきたいと考えています。
大変お世話になりました!本当に感謝しています。何度も厳しいコメントをいただき、何度も凹みました。結果を出すことができたのは厳しい指導のおかげだと思っています。これだけ凹まされる経験はしたくてもこの歳になればなかなかできない。皆さまにはそれだけ本気で接してもらえていると感じました。私もこれから生徒一人ひとりに本気で接して指導していける教員を目指し努力し続けていきます。


No.183 20歳代 女性 養護教諭
「一か八か賭けてみたい」いう想いです。5度目の教員採用試験に不合格になり、このままでは何も変わらないと感じていたときに河野先生のブログと出会いました。そして、河野先生の言葉を信じて、自分を変えたい、変わりたいと、受講を決めました。
2次面接満点講座、LINE添削講座をを受講しました。2次試験当日、講座で学んだスーパーミーを演じて、面接を楽しむことができました。こんなに採用試験の面接を楽しかったと思えたのは初めてでした。
教採塾を受講してから今まで苦手に感じていた「人前で話すこと」も楽しめるようになりました。職員会や身体測定時の保健指導など、教採塾の学びが役に立つ場面ばかりです。自分の新たな可能性を見つけたような感覚で、ワクワクしています。
これまでの不合格は、教採塾の先生方と出会うためにあったのかと思ってしまうくらいに、教採塾で学ぶことが楽しくて充実していました。ブログやメルマガ、Twitterの更新も楽しみにしていますので、これからもよろしくお願いします!


すべて表示