レトリカ教採学院

レトリカ教採学院(教採塾)は、教員採用試験に一発合格するための少数精鋭の対策講座です!
楽しく、楽(らく)して、戦略的に、教採合格を勝ち取る!
なりたい人が、なりたい時に、なりたい場所で、教師になる!


①時間の有効活用

オンラインで、即座に、受講生間でも、メッセージや意思表示を共有することにより、講座時間を、はるかに有効に活用できます。

②自分の表情が見える

自分の顔を常に見ることができ、自分自身のルックス・パフォーマンスをリアルタイムで確認しながら、演習ができます。

③他人の表情から学べる

ギャラリービューとスピーカービューを、 適宜、 切り替えることにより(ZOOMの場合)、他の受講生のルックス・パフォーマンスから学ぶことができます。

④資料や動画 瞬時に参照

参考資料や、URL、参考動画なども、瞬時に画面共有で参照することができ、圧倒的な教材提示のメリットがあります。

⑤個人レッスンも進化

例えば、河野の個人レッスンの場合、リアルタイムで、河野が「脚本」を書いて、受講生に提示することができ、河野を脚本家(スピーチライター)として、即時、活用できます。

⑥記録・参照が効率化

やりとりした文字データなどは、効果的に保存が可能であり、学習の記録になります。

「今」重視 学び加速

講師も、受講生も、気兼ねなく、その時点に応じた、Google検索や、複数デバイス・スクリーンでのチェックができ、リアル会場と比べて、はるかに、有益に学習・指導ができます。

2020年実施

オンライン講座
受講者の声

受講者からのアンケート回答の一部を掲載しています。生の声をお聞きください

先生や他の受講生の表情及び声のトーンも参照できる、ZOOMを使った講座はとってもわかりやすかったです。先生が仰ったことを、自分なりに要約してノートにまとめることで、インプットとアウトプットにより強固に記憶に結びつけることができそうです。

講義はZOOM、演習はWorkplaceの使い分けで、スムーズにコミュニケーションできた。インプットだけではなく、ペアでアウトプットしあいながら演習を進められることがよかったです。Workplaceで全員からの意見を貰えることも魅力的でした。

質問をもらったときに自分が目をつぶったのがわかりました。ZOOMのおかげです。

今まで一人で勉強し、皆さんの回答を見るという形でしたが、ペアで一緒にお話ししながら勉強できて学びが深まった。一緒に合格を勝ち取りに行くぞ!という前向きな気持ちが強まりました。

ZOOMで良かったのは、全員の顔が見られたことです。顔と名前がはっきりすることで、良い意見がより印象に残り、自分も取り入れようと思えました!

ZOOMでは自分の顔を見ながら講座を受けることができたので、いつもより表情を意識することができました。表情や動きをオーバーにすることを意識することで、相手に伝わりやすくなることがわかりました。

オンラインでの面接講座は、リアル講義と違って表情がよく見える。自分の表情や振る舞いについても客観的に見ることができ、より意識できるというメリットを感じました。パフォーマンスの分析や向上にどんどんつなげます。

WorkplaceやZOOMを使ったオンライン講座は、初めは不安でしたが、意外に楽しく受講できました。21世紀の教員を目指すには、デジタルやICTが苦手とか言ってたらいけませんよね。

ペア学習や双方向発信型であったため、大変学びの多い授業でした。ありがとうございました。

講座のスライドに加えて、手持ちの資料も講座中に見たり、書き込んだりできるのもいいと思いました。

6時間の面接満点講座は、チームで考える時間もあり、あっという間でした。実際にグループワークで「時間が過ぎるのが早いね」という話も出ました。

Workplaceチャットで貴重な意見を頂いたり、ZOOMを通じて、話すときの表情を確認したりと実際に会場に行って学ぶ方法とは違う魅力を感じた。

オンラインでの講座になり、何より交通費と会場までの往復の時間(4時間)を削減できることが嬉しいです。

「楽(らく)して、楽しく」という素晴らしさを体験しました。ICTを使って授業するときが来たら今回のようにやってみたいです。