これまでもアグレッシブ!これからもアグレッシブ!でも,教採合格だけは必勝・確実です!

教育論

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

【レトリカ・ブログ】

 

レトリカ教採学院(教採塾)の河野正夫です。

さて,このレトリカ・ブログ(ブログDE教採)とは,別に,「レトリカ・メルマガ」を発信していて,既に,600名以上の方が,無料購読の登録をしてくださっています。

 

 

まだ,登録していない方から,「どんなメルマガなんですか?」と聞かれることがあります。

永久無料なのだから,登録してくださればいいのですが(笑),何事も慎重な方が多いので,今日は,本日のメルマガの内容を,そのまま,ここにコピペすることにします。

 

でも,内容は,超アグレッシブなので,メルマガの example としては,あまり良くなかったのかなあと反省中でもあります(笑)。

いずれにしても,毎回,有益,そして,アグレッシブなメルマガなので,是非,無料購読に登録してください。

永久無料,完全無料です!

 

無料購読は,こちらから!

クリック(タップ)してください。

 

【本日のメルマガ】

 

【レトリカ・メルマガ】by 河野正夫(2020年3月16日・第151号)

ごきげんよう!

レトリカ教採学院(教採塾)の河野正夫です。

今日もメルマガをお楽しみください!

 

【楽しく、楽(らく)して、戦略的に!】

 

皆さん,こんにちは!

さて,今日は,「無難」と「パターン化」ということについて触れたいと思います。

 

実は,この文章は,オンライン校の面接満点講座の3月期の第1週の総評として,オンライン校で掲載したものですが,是非,このメルマガの読者の皆さんにもお読みいただきたくて,ここに転載しますね!

 

では,河野のアグレッシブな文章を,ご堪能くださいませ!(微笑)

 

皆さんが,自己アピール文なり,志望動機文なり,面接の語りなり,小論文なりを書いて,校長先生や先輩の先生などに添削をお願いすると,校長先生や先輩の先生は,より「無難」に,典型的な「パターン化」を示して,添削してくれることが多いはずです。

いわゆる昭和の世代の添削は,無難とパターンを重視します。

「ここはこう書いた方がいいよ!」と言いながらも,どんどん,ユニークさやインパクトは失われていき,誰でもが言うような決まり文句になります。

そして,語りの最後に,「~をしていく所存です。」みたいなパターン化された文句で終わります。

 

無難でパターン化された添削は,結局,適切さ,正しさ,施策の引用などに終始します。

何が,聞き手の耳と目と心を動かし,好感・共感・好印象を勝ち取るかを予測し,戦略的に勝ち取ることはしません。

正しければ,適切であれば,評価されると勘違いしています。

 

ここで,重要なことがあります。

上記のようなことを言うと,すぐに,「でも,面接官は昭和の人なのだから,そういう昭和的な無難でパターン化された語りが好まれるのではないか?」と。

もちろん,無難でパターン化された語りでも,合格することはあります。

それは,受験者がメインストリームで,大学生,あるいは,講師1~3年目くらいの人の場合です。

大学が,比較的,名門・ブランド大学で,教育学部,教育大学等であれば,もっとふさわしいでしょう。

つまり,無難でパターン化された語りで,合格するのは,もともと合格しやすいメインストリームの名門大学の大学生,あるいは,卒業後,1~3年程度の講師をしている人です。

 

もし,あなたの年齢が30歳以上ならば,無難でパターン化された語りだけで,合格することは,まずありません。

もし,あなたの学歴・職歴・経歴がユニークで,バックグラウンドが複雑なものであれば,無難でパターン化された語りだけで,合格することは,まずありません。

 

そういう人が必要なのは,一発大逆転のためのインパクトある語りです。

でも,年配で,しかも,ユニークな経歴・バックグラウンドな人も,無難でパターン化された語りばかりをしてしまうのが現状です。

だから,そういう人は,何度も,何度も,教採に不合格になるのです。

 

いくら,教採対策の予備校や塾で学んでも,面接対策本を何冊読んでも,ユニークな経歴・バックグラウンドな人が,無難でパターン化された語りばかりをしていたら,まず,合格しません。ほぼ確実に不合格になります。

 

このことを理解していない人が多すぎます。

 

もし,あなたが,XX教育大学の優秀な学生さんで,パフォーマンスも良く,元気で明るく爽やかに語ることができ,学生さんらしい素敵な実績があれば,何を語っても合格します(笑)。

教採塾に来る必要もありません。

もともと合格するのです。

 

でも,もしあなたが,あまり知られていない大学の出身で,民間企業に数年以上勤務し,これまで数回以上,教員採用試験で不合格になってきた人であるならば,無難で,パターン化された語りでは,絶対に合格しないと思うべきです。

 

私(河野)は,16年間の教採塾を主催してきた中で,そういう人をたくさん見てきました。

そういう人だらけだったと言っても過言ではありません。

 

でも,徹底した,戦略と脚本と演出があれば,だれでも合格します。

合格しないのは,最後の最後で,無難でパターン化した語りを選ぶからです。

 

興味深い話をさせてください。

 

私が6時間以上,個人レッスンで指導した人で,全て準備可能,模擬授業も持ち込みで可(例えば,神奈川県)という人で,不合格になった人は,ほとんどいません。

私の記憶が正しければ,百数十人の中で,ほんの数人だけが不合格になりました。

後で,調べたところ,その数人は,私の個人レッスン後,心配になって,職場の校長等と相談して,校長の意見を取り入れて,無難・パターン化したものにしたのだそうです。

 

もう一つ,興味深いお話を。

 

面接と模擬授業のやり方で,昭和型の大学教授と,私(河野)の戦略・脚本・演出が,全面的に異なったことがありました。

その受験者は,2つの自治体を受けるということで,1つの自治体を教授方式で,もう一つを河野方式で,受験しました。

結果は,もちろん,教授方式で受けた自治体は不合格,河野方式で受けた自治体は合格でした。

 

自慢をしているのではありません。

エビデンスを示しているのです。

 

受験者,その人にあった戦略・脚本・演出というものが必ずあります。

それを駆使すれば合格します。

 

しかし,一般化されて,ありふれた,誰でも言うような,無難なパターン化された面接の語りや模擬授業では,ほぼ確実に不合格になります。

いや,言い換えます。

あなたがメインストリームの受験者なら,それでも合格するかもしれません。でも,あなたがユニークな経歴やバックグラウンドがあるのであれば,ほぼ確実に不合格になります。

 

この現実を直視できない人は,もう致し方ありません。

昨年も,ここまで助言したのですが,「やはり,無難な語りでいきます!」と言って,不合格になった方がいました。

あとは,個人の選択の問題です。

私は,助言を差し上げるのが仕事です。

最終決断は,受験者の方がすることです。

 

私としては,賢明な決断をなさるのを祈るだけです。

 

河野のアグレッシブな文章を読んでいただき,ありがとうございます!(微笑)

 

本日のメルマガ,楽しんでいただけましたか?

 

では,次回のメルマガで,また,お会いしましょう!

 

ごきげんよう!

 

【本日のメルマガ,終わり】

 

 

では,また次回!!

 

 

レトリカ教採学院(教採塾)

河野正夫

 

合格への戦略
【川上貴裕】愚者は、事実にこだわる。面接の語りが上手くいかない最大の理由です!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …

合格への戦略
「尊敬する人は誰ですか。」、という質問を例に挙げて,視野の広さ、知識・教養、教師としての資質などのアピールの仕方を考えましょう!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …