【認知➡理解➡記憶➡活用】の学習サイクルで,筆記試験で,満点・高得点を勝ち取りましょう!

教育論

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

最近,ものすごく多くの方から,教員採用試験に向けての勉強方法を相談されます。

それは,とても嬉しいことなのですが,いろいろな方とお話をしてみて気づくことがあります。

まだまだ,皆さん,暗記中心の勉強方法をなさっているんですね。

 

世の中では,主体的・対話的で深い学びとか,アクティブ・ラーニングとか叫ばれていますが,自分の受験勉強となると,やはり,旧態依然とした,暗記中心の勉強方法なんですよね。

もうこれは,日本では,永遠に変わらないのかと思うくらい,悲しいことです。

 

でも,誤解しないでくださいね!

私(河野正夫)は,記憶の重要性は,認識しています。

さらに,知識と教養をできるだけ多く習得することも,極めて重要なことだと考えています。

 

もっと言えば,知識と教養がなければ,何も始まらないと考えています。

知識も教養もなく,思考しても,表現しても,対話しても,ダメなんです。

知識と教養を習得できなければ,そもそも学びとは言えません。

 

そして,暗記,丸暗記,ただ覚える,そのものが,ダメなのではないのですよ。

ここのところを誤解しないでください。

 

暗記,丸暗記,ただ覚えるができる人は,是非,やってください。

サッと見れば,すべて覚えることができるのであれば,最高です。

どんどん暗記していってください。

 

でも,ほとんどの人は,おそらく90%以上の人は,暗記には,限界があるのです。

例えば,10個や20個くらいのキーワードなら,頑張れば,暗記できるでしょう。

このくらいなら,暗記は,ちょっとした小テスト用なら,かなりの効果が期待できます。

 

でも,例えば,教職教養で,学習指導要領を全部暗記するとか,重要答申を全部暗記するとか,教育法規に出てくる法律の条文を全部暗記するなんて,不可能です。

 

もちろん,全部暗記することが,できるのであれば,是非,やってください!(微笑)

私(河野)が言っているのは,暗記してはいけないということではなく,暗記するなんて,もともと,できませんよ!ということなのです。

 

だから,自分は,学習指導要領解説を何冊でも十何冊でも,最初のページから,最後のページまで,なぜか,完全に暗記できるという,特異な才能をお持ちの方は,是非,その才能を十分に発揮して,暗記してください。きっと合格します!(笑)

 

でも,90%以上,もしかすると,99%以上の人は,そんな暗記の能力など持ち合わせていないのです。

 

それなのに,膨大な分量を暗記しようとするから,上手くいかないのです。

自分は,暗記できないとわかっていながら,それでも,暗記しようとするのです。

だから,得点が取れないんです。

だから,合格できないんです。

 

ほとんどの人は,丸暗記は,必ず崩壊します。

ほとんどの人は,丸暗記できる量には,限界があります。

ほとんどの人は,丸暗記した知識を,問題を解くに当たって,有機的に活用することはできません。

 

もう一度,強調しておきますね。

暗記がダメなのではありません。

ほとんどの人にとっては,暗記はムリだ!ということを言っているのです。

 

 

皆さん,ご自身の胸に手を当てて,正直に,考えてみてください。

あなたは,学習指導要領の本文や解説,あるいは,重要答申の膨大な分量を,すべて,暗記することができますか?

できないはずです。

たとえ,一定の分量を無理して覚えたとしても,すぐに記憶は崩壊し,忘れてしまうのではないですか?

暗記では,高得点を取れないと知っているのではないですか?

 

なのに,未だに,暗記・丸暗記・ただ覚えるだけの勉強を続けるのですか?

そして,また,来年も,高得点を取れず,また,筆記試験で,不合格になるのですか?

 

変えましょう!

学習の仕方を変えましょう!

 

やるべき学習の方法は,

 

認知➡理解➡記憶➡活用

 

この学習サイクルを取り入れることです。

 

まずは,認知。

新しい知識に出逢う。新しいことを知るというプロセスです。

 

そして,理解。

ここで,学習対象をディスったり,分析したり,思考したり,喩えてみたり,反対してみたり,愛してみたり,頭の中で様々に扱い,その学習対象を理解します。

 

理解ができれば記憶。

学習対象をディスったり,分析したり,思考したり,喩えてみたり,反対してみたり,愛してみたりできれば,自然に記憶できます。

 

理解し記憶したことを活用。

理解し,記憶したことを,問題を解く際に,柔軟に活用します。理解した上で記憶したことは,問題を解くプロセスで縦横無尽に活用できます。

 

以上の「認知➡理解➡記憶➡活用」のプロセスをやっていけば,楽しく,楽(らく)して,学ぶことができます。

 

教採塾で,河野正夫が指導する,筆記試験の対策講座は,笑いが絶えません。

苦痛はまずありませんし,苦行もありません。

学習対象を,ディスったり,褒めたり,喩えたり,あらゆる方法で理解を深めます。

理解が深まるので,当然,自然に記憶します。

頭の中に印象深く記憶したことは,いつでも,どこでも,どのようにでも活用できます。

 

つまりは,楽しく,楽(らく)して,学べるのです。

 

教採塾の講座を受講した人は,それまで,全然,学力がなかった人でも,概ね,80%以上の得点を取ります。

ちょっと要領のいい人なら,90%以上です。

満点だった!という人もかなりいます。

 

丸暗記をせず,満点が取れるのです。

苦行をせず,苦しまずに,楽しく,楽(らく)して,満点が取れるのです。

 

最後に,もう一度,繰り返しておきます。

あなたが暗記の天才なら,暗記でも構いません。

でも,あなたの暗記は,あまり大したことがないというのであれば,丸暗記では,試験には臨めません。

 

暗記が不得意なら,苦手なら,「認知➡理解➡記憶➡活用」の学習サイクルで学びましょう!

 

教採塾の講座では,この方法で,満点,あるいは,高得点を確実に取れるようになります!

 

 

では,また明日!!

 

 

教採塾

河野正夫

 

パフォーマンス力向上
【教員採用試験に合格するための多様な戦略】を,日々,連載していきます!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   今日は,10月16日です。 特に,なにか,大きな日 …

教育論
【川上貴裕】学びが人を作る!教育が社会を変える!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   教採塾の川上です。     映 …

教育論
【重大発表】10月22日(火曜日・祝日・即位礼)に,川上貴裕のコーヒーの淹れ方講座とフリートークを開催します!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   お待たせしました!   重大発表です! …