面接官と笑顔で雑談になれば,合格は確実ですよ!

未分類

【教員採用試験のレトリカル戦略】

 

先日から,「オッカムの剃刀」や「ハンロンの剃刀」といった言葉で,面接戦略は実はシンプルだということを申し上げてきました。

今日は,もう少し,別の視点から,面接戦略の単純性をご説明しましょう!

 

教員採用試験の面接を受けていると,時に,面接官と笑顔で雑談になることがあります。

こうなったら,99%くらいの確率で合格しています。

 

これまで,何度も申し上げてきたように,面接で合格するとは,面接官に気に入ってもらうことです。

面接官は,気に入った人とは,打ち解けて,笑顔で会話します。

もちろん,受験者も,打ち解けて,笑顔で会話しているからです。

 

面接では,面接官は,20分程度の限られた時間で,受験者の適性や資質・能力を推し量るために,いろいろな質問をしてきます。

時には,厳しい追加質問になることもあります。

すべて,人物評価のための戦術的な質問であり,会話です。

 

でも,面接官が,受験者を圧倒的に気に入れば,面接官は,気に入った人と打ち解けて話すというモードに入ります。

そのモードに入ってしまえば,面接の会話は,人物評価のための戦術的な質疑応答ではなくなり,通常の,友人同士・知り合い同士の,笑顔での打ち解けた雑談的な会話となります。

こうなれば,面接での合格(高得点)は,ほぼ確実です。

 

では,面接官とこのような笑顔での雑談にするためには,どうしたらよいのか,答えは,本当に簡単です。

 

楽しいことを,楽しく語る!

 

これに尽きます。

 

面接官もバカではありません。

面接官も人間です。

 

面接官は,面接対策本や,教採予備校の面接演習で,仕込まれたような受験作文的な回答は,すぐに見抜きます。

受験のためだけの,良い子ちゃん作文だということは,瞬時にわかります。

でも,愚かな受験者は,正しいこと・適切なことを言えば,合格すると勘違いしています。

面白くもない,平凡で退屈な受験作文を次から次へと聞かされれば,面接官は,ウンザリし,その受験者の人間的魅力を高く評価することはありません。

この点では,面接官は,決してバカではありません。

しっかりと,受験者を見て,聞いて,人物評価していますよ!

 

面接官も人間です。

人間は,楽しいことが好きです。

人間は,面白い話・興味深い話が大好きです。

 

受験者が,延々と決まりきった,お決まりの,受験作文を繰り出していると,退屈で,つまらなくて,聞いていることが苦痛になってきます。

言語的な内容は,正しく,適切な内容なのかもしれませんが,受験作文は,人の耳にも,心にも,響きません。

 

でも,あなたが,楽しいことを,楽しく語れば,面接官は,あなたの話を面白く,興味深く,聞いてくれます。

そして,面接の質疑応答自体が,打ち解けて,笑顔で,雑談的な楽しい会話になります。

その結果,あなたは,面接で,高得点で合格することになります。

 

では,どうすれば,面接がそんな雑談的な楽しい会話の雰囲気になるのでしょうか?

 

もちろん,基本は,

 

楽しいことを,楽しく語る。!

 

なのですが,これだけでは,何をどうしていいのかわかりませんよね。

 

はい。では,素敵な答えをご紹介しましょう!

 

それは,

 

Amusing作戦

 

です!

 

Amusing作戦とは何か?

 

 

それは,明日のブログ記事で明らかになります!

 

教員採用試験の面接で合格する,最高・最強・最大の秘訣です!

 

明日のブログ記事をお楽しみに!!

 

 

では,また明日!!

 

 

教採塾

河野正夫

 

未分類
どんな時もチャンスを掴め!それが合格への大きな近道です!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   「教員採用試験に合格するための多様な戦略」第12回 …

未分類
講師特別枠で教員採用試験を受験することは本当に有利なのか?(その2)

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   今日は日曜日なので,本来は,川上貴裕がブログ記事を …