合格者の声


教採塾の主催者、河野正夫に学んだ多くの受講者が教員採用試験に合格し、夢をかなえ、今も先生として全国各地の学校で活躍しています。
そうした「卒業生」から寄せられた生の声をまとめ、一部を公開しています。現在122名の声を掲載しています。
次はあなたの「生の声」をぜひお聞かせください。


河野正夫の講座を受講した最大の理由は何でしたか?
河野正夫の講座を実際に受講してみて、どうでしたか?
河野正夫の講座で学んだことは、教採合格後、教師になってから、役立っていますか?(役に立ちそうですか?)
河野正夫に一言、お願いします。


No.122 20歳代 男性 小学校
教員採用試験を受け始めてから5年目、今年で6回目の挑戦となりました。様々な対策講座や勉強会へ参加し、採用試験に備えてきましたが、上手く成果に繋がらず、「どうすれば合格へ結び付くのか…」と悩んでいました。その時に、以前に友人から、この広島教採塾の存在を教えてもらい、「今年こそは、合格に結び付ける!」という想いから、受講をすることに至りました。
面接対策講座において、私は「人が人を選ぶのが教員採用試験。だから、『一緒に働きたい』や『この子、面白いな~』と面接官に感じさせなければ、合格しない」という言葉に、衝撃を受けました。今まで受けてきた対策講座や勉強会では、「無難な言葉」で「当たり障りなく話す」ということを学んできました。本講座で扱われた「レトリック(ナンバリング、ラベリング、インパクトフレーズ等)」を中心に、「相手に自分の想いが伝わる方法」を学ばせていただきました。それは、今まで受けてきた対策講座とは、全く異なる内容で、最初は正直戸惑っていた部分もありました。ですが、新しい視点として、身に付けていくと、他の受験生とは異なる視点で教員採用試験を見ている感覚になり、それが自信へと繋がったように思います。
役に立ちます。まず、「レトリック」は、子どもたちの前での語りとして、また教職員や保護者等の方々と話す時の語りとして…色んな「話す場面」で「想いを伝える時」に役立たせています。次に、教師としての「基礎力」を学べたようにも感じます。教師の大半の時間を占める「話すこと」に関して、ボイストレーニングやレトリック等の基礎を学ばせていただきました。他にも、板書技術や細かな立ち振舞い等、教師の基礎となる力を培わせていただいたと思っています。最後に、色んな方と巡り会えたことで、様々な方とのコミュニケーション力が培われたように感じ、今もなお、現場で活かされています。
人生最大の勝負となる教員採用試験。不安が高まる中で、河野先生の対策講座を受けることができたのは、本当にありがたく、試験対策に留まらず、今後の教師生活に活かせることが沢山ありました。お世話になりました。ありがとうございました!


No.121 20歳代 男性 小学校
教師になりたいという想いはあっても、果たして本当になれるのか、そもそも自分は向いているのか…そんな不安でいっぱいの自分を変えたい。そのための1歩を踏み出したいと思ったから。
全てが変わった。表情、話す内容、伝え方。何より、自分の強みの発見、軸を作ることができた。河野先生は、まさしくエンジェルとデビル両方のお顔をもつ、魅力的で刺激的な人でした。
「伝えたい想いを、伝わる言葉で」をモットーに、子どもたちへ発信し続けます。
河野先生の言葉が、自分を磨いてくれました。河野先生の言葉が、背中を押してくれました。河野先生の言葉が、人生を変えてくれました。今まで、本当にありがとうございました。頑張ってお酒が飲めるようになりますね!


No.120 20歳代 女性 小学校
河野先生が好きだから。河野先生がなぜそこまで熱くよい教員を育てようとしているのかを知りたかったから
とにかく熱い!大学生だけでなく、臨時講師、社会人など多様な人とともに学ぶことができる点がすごく魅力的でした。試験の集団面接において、どんな人が来ても緊張せずに余裕を持つことができたのは大阪教採塾をはじめとする広島教採塾の講座を受講したからだと思います。受講する一つ一つを大切にすること、そして受講する講座一つ一つの中でこの講座を受講する人たちに自分の魅力を伝える練習をしていくことが合格につながると感じます。教採塾の仲間や河野先生とともに学ぶので、よき仲間よきライバルとして頑張ることができました。
役に立つと思います。役に立たせたいと思います。教師になって大切な何かを忘れそうになったとき、きっと思い出されるのは河野先生の言葉だと思います。
無理はしないでください!!先生の可愛さ、厳しさ、やさしさ…どれも好きです!!先生みたいな人に子ども達を預けたいと思うのですがそれは無理ですよね…。なので、私がよき教師になり先生以上の先生になります!!


No.119 40歳代 女性 中学校
東京都の面接直前、仲間内で練習していたが、今一つ手ごたえがなく、どこかでもう一回確認できたらと考えていました。ちょうどその時、以前からブログ等を読んでいた河野先生が、講座を開くと知り、応募しました。
先生のきめ細かい指導、学習方法満載の記事を読んでいて、不安でいっぱいの自分をきっと励まし、勇気づけてくれるのではないか、という甘い気持ちが最初にありました。実際は厳しかったです。私の甘い思惑はすぐに打ち砕かれ、無理に自分を取り繕ったあげくに、先生に失礼な発言をしたりと散々でした。その際は本当にすみませんでした。集団でのレクチャーだったので、他の人の意見はとても参考になりました。わさわざ講座終了後に、こうしたらどうかと声をかけてくださる方たちもいました。次の日が面接だったのですが、弱いと指摘された、トピックがない、何をしたいのかさっぱりわからない。(基本的に全然なってない!ってことですね。)を念頭に自分のコアになる部分を考え直しました。実際の面接では、そのコアの肉付けでほとんど間に合ったので、ずいぶん楽に感じました。
講座の時、始終先生は、褒めるべきところは、きちんと褒め、必要以上に褒めることはせず、的確にアドバイスをされていました。いいものは良い、駄目なものは駄目。とはっきりとしていたので、レクチャーを受ける側には大変わかりやすかったです。これは実際の教える時の基本だと思います。私も見習って次に生かせたらと思います。
今年、50前に学生のころからの夢、正規の教員になることができました。ありがとうございました。先生がツイッター等で紹介されていた、書籍等はとても参考になりまりました。特に時事通信社の「教職教養の演習問題」は東京都の傾向にあっており、今年の教職教養は、これしかやりませんでした。ラストの講座は、今までの自分の人生観、自分自身の在り方を考えなおす、良いきっかけになりました。これからも先生のブログ等楽しみにしています。お体に気を付け、ますますのご活躍を


No.118 30歳代 女性 中学校
面接に重点をおいているからです。面接を苦手にしていた私にとって最適の講座でした。
一人ひとりへのアドバイスが丁寧でした。厳しい助言も的確で、説明もわかりやすく納得いくものでした。発表の場や受講生同士のディスカッションが多くあったので、練習になり、他の受講生の発表も参考になりました。自分の弱点を表に出すことで、自身を見つめなおす時間ができました。6時間みっちり出来るのもよかったです。
人前で話す時、役に立っています。
講座に参加出来て良かったです。河野先生のブログを初めて拝見したとき、厳しく痛いところを突いてくる方だなとおもいました。実際講座に参加して、厳しい言葉に委縮してしまうこともありましたが、理由付けがはっきりしていたのでわかりやすかったです。学んだことは、私の力になったと思います。これからが新たなスタートライン、学んだことを教育へと活かしていきたいです。本当にありがとうございました。


No.117 30歳代 男性 小学校
河野先生のブログを拝見して、受講者を教採に合格させたいという強い思いが、伝わってきたからです。面接でのタブーな語り、筆記試験での満点などはっきり書かれているのに、見るのをやめるどころか、すがる思いで、次から次へと見ていました。昨年の不合格通知日から3日後のことです。「Cランク:不合格者の下位」昨年、私に突き付けられた結果。小論文・面接の点数は、過去最悪なものでした。「面接 合格」ネット検索。たどり着いた先が先生のブログです。
昨年まで、人物対策は、1次試験が終わってからでした。しかし、今回受講してみて良かったことが3つあります。・不合格になった理由を冷静に振り返ったこと・毎月受講したいと思わせてくださったこと・辛口コメントであったこと(語りの善し悪しがはっきりわかりました)
「語り」教採になかった、模擬授業や場面指導は、絶対役に立ちます。子供たち、保護者、地域の方、上司、同僚、今後出会う様々な人たちと付き合っていく上で、魅力的な語りをしていこうとする自信につながりました。「サラサ」これは使えます!きれいな字が、太さを使い分けることによって、きれいに、はっきり、魅力的に見えます。はがきや封筒のあて名を書くときに使い分けるようにしました。
河野先生に出会えて幸せです!私と同じように、長いこと講師をしている仲間に、まずは先生のブログを紹介したり、講座で配布された資料を見せたりしても良いですか?


No.116 20歳代 女性 養護教諭
県外の大学に通っており、グループワークの練習が不十分だと感じたため。
受講生同士で評価する場面で自分の力の無さを感じ、気が引き締まった。また、グループワークとはどのような試験かを知ることができた。
協調性やコミュニケーション能力などは教師にとってだけでなく、これから生きる上でとても大切なものとなる。短い時間では、あったがこれらの力をつけることができたと感じる。その力を最大限に発揮し、バッググラウンドの異なる人と共に試行錯誤しながら、これからの未来を担う子どもの成長に関わっていきたいと思う。
ご指導ありがとうございました。県外の大学に通っていたため、広島県の情報がなかなか入ってこない中、塾のtwitterで多くの情報をいただくことができ、とても助かりました。ありがとうございました。


No.115 20歳代 男性 中学校
Facebookを見て
合格までの道筋が客観的、科学的に考察され、つくられているので、自分が今なにをすればいいのかが明確になり、特に倦怠期などを経験することなく合格まで走りきることができました。
現在講師として勤務していますが、大いに役立っています。
ありがとうございました!


No.114 40歳代 女性 小学校
パンフレットを読ませていただいて、河野先生の指導と熱意が感じられたからです。また、二次対策がうまくいかなかったので、自分の欠点を変えたかったからです。
実際、受講してみて河野先生の鋭いコメントやご指導に毎回、ワクワクするばかりでした。受講生と楽しく学べたのがよかったです。
話し方や構成の仕方など、引き付ける話し方を沢山学びました。今後は、子どもたちに返していきたいです。河野先生に声が良いと誉められ自信になりました。自分では気づかない個性を見つけくださり、ありがとうございました(笑)
河野先生、色々ご指導ありがとうございました。おかげで合格することができました。気さくでとても雰囲気よく学べました。それから、学習環境の雰囲気が良かったので、たくさんの仲間ができたこと感謝です。


No.113 20歳代 男性 高等学校
講師枠用の対策講座があったこと。
面接試験に対しての考え方が変化しました。
今までは自分を観てもらえばいい、ありのままで大丈夫と考えていましたが、それでは合格する可能性が低いのだと思いました。
どのように自分の『思い』を表現するか、そこが1番大切だと考えるようになり、面接練習などでも受け答えが変化していき、結果に繋がりました。
自分の考えたことを言葉で表現する、さらにそれを印象が残るように話す。(印象が残る言葉を選ぶ)
このことは生徒に伝えたいことを伝える時にとても役に立つと思います。
ありがとうございました!


すべて表示