【川上貴裕】あなたにとって、面接官に、できれば聞いてほしい質問は、ありますか?

合格への戦略

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

【レトリカ・ブログ】

 

レトリカ教採学院(教採塾)の川上です。

 

 

【面接戦略特別特訓講座@ZOOM~不利なバックグラウンドからの一発逆転合格!】

と銘打って、4日&11日、12日、17日&18日、18日の計4回にわたって、単発講座を開催しました。

 

この講座で、受講生に出した課題の一つに、

 

「面接官に、できれば聞いてほしい質問は、何ですか?」

 

というものがありました。

 

私は、この質問が、皆さんの合否を左右すると考えます。

 

前提として、

「面接官に、できれば聞いてほしくない質問」、これについては、できるだけ、少ない方が、いいに決まっています。

最終的には、0にしなければいけません。

 

面接官に何を聞かれるにせよ、どの質問でも答えられるようにしておかなければ、いけませんよね。

それは、皆さんも、十分、ご理解いただけることと思います。

 

では、本題です。

 

あなたにとって、面接官に、できれば聞いてほしい質問は、ありますか?

 

すぐに、パッと言える人は、合格できると思います。

「何があるかなぁ」と悩む人は、正直、危険水域です。

 

要は、自分のアピールポイント、合格の決め手となる要素が無いことと、同義だからです。

 

そう考えると、できれば聞いてほしい質問も、1つじゃ、心許ないですよね。

私としては、最低でも10個以上、あってほしいと考えています。

もちろん、もっと多いに越したことはありませんが。

 

ただ!

 

その、聞いてほしい質問10個全部が、趣味・特技・長所・これまでの経験などの、パーソナルなものだけだと、アウトです!

そのレベルでいいのであれば、誰でも10個は挙げられますからね(笑)

学習指導、生徒指導、保護者対応、場面指導、教育時事など、多岐にわたる領域・分野を含めた10個でなければいけません。

 

それらをお伝えした上で、皆さんに、もう一度お尋ねします。

 

果たして、面接官に聞いてほしい質問が、どれくらい、あるでしょうか?

 

多ければ多いほど、合格の可能性がUPしますよ!

 

 

ではまた!

 

 

レトリカ教採学院(教採塾)

川上貴裕

パフォーマンス力向上
8月10日~16日のレトリカ教採学院(教採塾)の直前講座の特訓内容をご紹介します!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …