「尊敬する人は誰ですか。」、という質問を例に挙げて,視野の広さ、知識・教養、教師としての資質などのアピールの仕方を考えましょう!

合格への戦略

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

【レトリカ・ブログ】

 

レトリカ教採学院(教採塾)の川上です。

 

 

前回のブログで、『夢』についての考察をしました。

 

今回も、類似するものとして、「尊敬する人は誰ですか。」、という質問を例に挙げて、考察していきます。

 

こちらも、前回述べたように、視野の広さ、知識・教養、教師としての資質などを、見られています。

 

ただ、一番大切なのは、

 

「どういうこと!?詳しく!」と、どれだけ面接官が興味を抱く内容か。

「そういう人になりたいんだね!いいね!」と、共感をもてる内容か。

 

という部分です。

 

しかし、圧倒的に多くの人が、自分に関係のある分野・領域の人物、つまり、狭い範囲での人物を語ります。

 

例えば、

 

野球をやっていたら、野球の監督、選手、引退後の著名な元選手など。

特別支援教育に熱心な人なら、特別支援で著名な人。

 

を、挙げます。

 

自分と違う分野の人を語って、知性・教養をにじませたり、例えば野球好きな人が、有名なピアニスト方の話をして、ギャップを出したり、一見、「何でその人物なの?」、と思われる人の、意外な一面を語ったりする方が、圧倒的に、興味・関心・好感・好印象をもってもらえます。

 

自分の領域に近しい人物を、挙げれば挙げるほど、平凡で、「視野が狭いな。」、「人間的な魅力が無いな。」、と感じられてしまいます。

もっとも、「あなたにはそうかもしれないけど、我々はその人を知らないので、何の共感もできない。せいぜい、そーなんだ、くらいにしか感じない。」、と思われるのがオチです。

 

前回の、『夢』、今回の、『尊敬する人物』。

 

何・誰をどう語り、どう落としていくか。

どこで惹きつけていくか。

それを語ることで、自分の何を見てもらいたい/感じてもらいたいか。

 

センスが試されるところですが、このテクニックを今のうちから磨いておくと、面接において、圧倒的な好感をもって、合格を勝ち取れますよ!

 

 

ではまた!

 

 

レトリカ教採学院(教採塾)

川上貴裕

合格への戦略
【川上貴裕】愚者は、事実にこだわる。面接の語りが上手くいかない最大の理由です!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …

合格への戦略
なぜ、子供を学校に通わせるのか? 表面的で、平凡で、インフレした語りに、逃げないでくださいね!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …

パフォーマンス力向上
35歳以上の受験者が,教員採用試験の面接で合格を勝ち取るための鉄則とは?

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …