教採合格の鍵は、みんなと同じ戦略や、みんなと同じ勉強方法や、みんなと同じ語り方をしないことです!

不合格の理由

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

【レトリカ・ブログ】

 

レトリカ教採学院(教採塾)の河野正夫です。

 

教員採用試験に合格するために、絶対に、必要なことがあります。

 

それは、

 

みんなと同じ戦略や、みんなと同じ勉強方法や、みんなと同じ語り方をしない!

 

ということです。

 

 

 

 

教員採用試験を受験する人、つまりは、教員志望者の多くは、他人と同じことをすることで、安心を得ているようです。

他人と違うと不安になり、他人と異なると心配をします。

 

面接のような人が人を選ぶ営みでは、他者と異なるユニークさやインパクト、その人らしさということが、決定的な勝因となるということを理解している人は少ないものです。

 

更に言えば、教員採用試験自体が、他の試験の受験勉強の丸写しのような状況であり、書籍や雑誌などでも、「ここが出る!」、「これを暗記!」などの文字が踊ります。

だから、受験者も、入試などの時と同じように、暗記中心の不毛な勉強をして、結局は、合格を逃してしまうことも多いものです。

 

特に、面接では、面接対策本などに示されるような、型にはまった言い方では、合格は勝ち取れません。

先輩がこれで合格した!、合格体験記にこれで合格した!と書いてあったとしても、それは、別の人の合格のストーリーです。

別の人の合格のストーリーは、あなたには、適用できないものかもしれません。

 

でも、教採受験者は、人と同じことをやっていると安心するのです。

 

人の話は、あくまでも参考情報として聞き置くということができずに、どうしても、同じことをやってしまいます。

 

暗記中心の勉強。

同じような言い回しでの語り方。

パターン化された語りや小論文の書き方。

何を喋っても、「これを活かして」のようにして、無理やり、教育にこじつける。

「寄り添う」、「笑顔」、「個性」、「生きづらさ」などのインフレ化した言葉の多様。

受験仲間と面接演習ごっこをして満足する。

合格した先輩・友人・知人と同じことを語る。

 

結局、自分の軸がなく、自分の強みを発揮できず、また、自分に特化した戦略も準備もありません。

 

先輩が合格したのは、面接でのある言葉ではなかったかもしれません。

先輩の雰囲気であったり、先輩の何か他に光るものであったかもしれません。

それなのに、先輩が、「面接で、こう話したら合格したよ!」という話を、そのまま真に受けて、それを話したところで、あなたが合格するとは限りませんし、おそらく、合格しないでしょう。

 

重要なのは、あなたに合った戦略、あなたに合った言葉、あなたに合った語りの内容、あたなに合った強み、あなたに合った想いの軸が必要だということです。

 

このようにブログを書いている今現在、私(河野)は、2日間、16時間もの Pro Bono の個人レッスンを、一人の方に提供しています。

月曜日・火曜日という定休日、河野のオフ日を、すべて、ある一人の方に捧げて、完璧な個人レッスンをしています。

Pro Bono ですから、無料です。

無料で、16時間もの個人レッスンをなぜ?と思われる方も多いでしょう。

理由は簡単です。

この人は、日本の未来の教育を変えてくれそうだからです。

だからこそ、この人に教員採用試験に合格して、教師になっていただきたいのです。

だからこそ、この人が、教員採用試験に合格するための、この人だけの戦略・脚本・演出を、徹底的に立案し、考案し、確立し、伝授しています。

この人が、絶対に教採に合格するように、ありとあらゆる準備をしています。

 

社会貢献とは、こうあるべきだと、私(河野)は、考えています。

程度の低い、レベルの低いレッスンを、安売りするよりは、この人は!という人に、無制限にレッスンを無料で提供する方が、はるかに、世のため、人のためになります。

合格したい人はたくさんいるかもしれませんし、無料でレッスンを受けたい人もたくさんいるでしょうけれど、世のため、人のため、子供たちのために、絶対に合格していただきたいと思える人、そして、無料でもいいので、レッスンを提供させてください!と心の底から思える人は、本当に数少ないと言っても過言ではありません。

そんな人を見出したら、躊躇なく、支援するというのが、河野のスタイルです。

 

もちろん、受講料をいただく、正規の個人レッスンや講座も、最高レベルで、教採合格に直結する指導を提供しているのですが、16時間の個人レッスンとか講座というのは、なかなか現実的に開講不可能です。

正規の個人レッスンや講座では、効果的に、効率的に教採合格を勝ち取る!ということをモットーにして、やっています。

 

ただ、定休日には、時には、こうして、コストのことを一切考えない、Pro Bono の個人レッスンを行ってみるというのも、最近では、月1度くらいの趣味になっています(微笑)。

ただし、これは、Pro Bono ですから、お申し込みや希望といった制度は、一切ありません。

河野が、この人には、Pro Bono のレッスンを提供したい!と心から思った方のみの Invitation Only です。

河野にコンタクトしても、絶対に、Pro Bono のレッスンは受けられませんので、念のため。

 

ごめんなさい。

話が少し、それました。

 

私(河野)が、今日、このブログ記事で言いたかったことは、自分だけの、自分専用の、自分に最適な戦略と、勉強法と、想いの軸と、言葉と、表現法が、教採合格には、絶対に必要だということです。

まぐれで合格することはあっても、不合格には必ず理由があります。

その理由を分析しながら、自分専用の戦略と脚本と演出を考える必要があります。

 

合格した先輩や友人・知人の話を聞いて、それをそのまま実行するだけでは、おそらく、合格は不可能です。

 

不可能を可能にするためにも、あなた専用の戦略と脚本と演出を立案、考案、確立していきましょうね!

 

河野正夫は、いつも、皆さんの戦略と脚本と演出を応援していますよ!

 

 

では、また次回!

 

 

レトリカ教採学院(教採塾)

河野正夫

 

合格への戦略
【川上貴裕】相手意識をもたず、そして、深い考察なくして、安易に、言葉に飛びつくのは、非常に危険です!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   レトリカ教採学 …

パフォーマンス力向上
【必見】Ryoと川上貴裕の3種類の教材の内容のサンプルを画像でご紹介します!!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   お待たせしまし …

パフォーマンス力向上
【速報!】Ryo(後藤凌)著の教材2種類,川上貴裕 著の教材1種類が完成目前です!!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・ブログ】   速報です! & …