教員採用試験に合格するためのルックス・表情・パフォーマンスの向上の仕方

パフォーマンス力向上

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

「教員採用試験に合格するための多様な戦略」

第15回 ルックス・表情・パフォーマンスの向上の仕方

 

教員採用試験に合格するためには,

 

個人面接

集団面接

集団討論

グループワーク

模擬授業

場面指導

 

などの際の,ルックス・表情・パフォーマンスが,極めて重要になってきます。

 

 

よく,人は見た目が8割とか9割とか言われたりしますが,まさにその通りです。

何か月とか,年々とか,長い期間,一緒に仕事をしたり,人間関係を築いたりする場合は,もちろん,見た目だけではありません。

そういう長期間の関係の場合は,見た目よりも,その人の能力とか,資質とか,情熱とか,志とか,人間的魅力などが,圧倒的に重要になってきます。

 

でも,面接などは,わずか,20分前後くらいです。

20分前後では,その人の能力とか,資質とか,情熱とか,志とか,人間的魅力などは,はっきり言って,見抜くことはできません。

20分間前後という短時間で,会話相手(面接官)に,圧倒的に与えるものは,印象であり,ルックス・表情・パフォーマンスの好感度です。

 

ちょっと,面白い喩えをしてみましょう。

長期間の恋愛で必要なのは,きっとその人の人柄や魅力や性格などでしょう。

でも,1回きりの合コンや街コンなどでの2時間程度のパーティーなら,圧倒的に,ルックス・表情・パフォーマンスの好感度が「勝負」を決めますよね(微笑)。

 

面接も短時間での勝負ですから,ルックス・表情・パフォーマンスの好感度が圧倒的に重要になってきます。

 

ですから,教採塾の「面接満点講座」では,ルックス・表情・パフォーマンスも磨く演習をします。

 

面接などのときに,暗い顔をしていたり,怒ったような顔をしていたり,つまらなそうな顔をしていたのでは,面接官の好印象は勝ち取れません。

面接などのときに,3秒に1回くらい,「え~」,「え~と」などのフィラーワードが入っていたのでは,面接官の好印象は勝ち取れません。

面接などのときに,あまりに緊張して,それが表情に出てしまい,ものすごくプレッシャーがかかった形相になってしまっていたのでは,面接官の好印象は勝ち取れません。

 

面接は,言葉だけではありません。

面接は,見え方,聞こえ方なのです。

 

面接でのルックス・表情・パフォーマンスの好感度を向上させるためには,いくつか方法があります。

 

(1)姿見の前で,面接や模擬授業等の練習をする。

(動画で後から振り返るのもいいのですが,リアルタイムで,自分のルックス・表情・パフォーマンスを修正しながら,練習するためには,姿見の前でやるのが簡単で効果的です。)

 

(2)ヴォイストレーニングや,演出(演劇)の基礎的練習など,プロのトレーナーから特訓を受ける。

 

(3)自分に対して,「常に笑顔で」,「明るく,元気に,爽やかにを常に持続する」,「え~,え~と等のフィラーワードを絶対に言わない」,「話は短く,結論は先に,わかりやすく話す」といったルールを課して,日常生活でも,そのルールを絶対に守る。

(特に,公で,あらたまった場で話すときに,これらのルールを絶対に守ることを続ける。仲の良い友達と話すときは,自然とルール通りになりますので,練習にならないのです。)

 

(4)ちょっと手前味噌ですが(微笑),教採塾の「面接満点講座」,あるいは,「面接パフォーマンス講座」を受講する。

教採塾の「面接満点講座」,「面接パフォーマンス講座」は,ルックス・表情・パフォーマンスの好感度を向上させることを徹底して目指しています。

そのための練習や特訓もあります。

特に,名古屋校で,Ryo(後藤凌)が担当している「面接パフォーマンス講座」は,プロの芸人(パフォーマー)が指導する,面接のためのパフォーマンス講座で,教員採用試験対策講座では,日本最高水準の講座だと自負しています。

何年も続けて,面接で不合格になっている人,面接でのルックス・表情・パフォーマンスの好感度がよくないという人は,是非とも,Ryo(後藤凌)の「面接パフォーマンス講座」@名古屋校を受講してみてください。

ルックス・表情・パフォーマンスが変わり,運命が変わり,人生が変わりますよ!

 

Ryoの名古屋校での「面接パフォーマンス講座」のカリキュラムを見てみてください。

 

11月期 「自己を知ること」を表現に活かす。

12月期 「自分をどう見せるか」の戦略的な練習。

1月期 パフォーマンスで面接に勝利するための実践演習。

2月期 「自分の強み」と「自分らしさ」を表現するための応用演習。

3月期 「教師らしく見える自分」を表現するための演習。

4月期 「自分の表現力の弱点」を克服する演習。

5月期 「指導や授業」の際に役立つパフォーマンスの演習。

6月期 1分間~3分間語り続けるときのパフォーマンスの演習

7月期 パフォーマンス・コンテスト・Ryoスペシャル!(基礎編)

8月期 パフォーマンス・コンテスト・Ryoスペシャル!(応用編)

 

こういった講座が,1回6時間で,毎月,プロの芸人(パフォーマー)から,直接,学べる・演習できる,特訓してもらえるというのは,素晴らしいことですね!

 

もし,名古屋校まで行けない!という方は,上記のカリキュラムにあるようなご自身でいろいろと演習してみてくださいね!

 

また,Ryoは,個人レッスンも行っていますので,Ryoから,1対1で,自分のルックス・表情・パフォーマンスの好感度を向上させたい!という方は,是非,個人レッスンを受講してみてください。

 

ルックス・表情・パフォーマンスの好感度を向上させることは,教員採用試験の面接で合格を勝ち取るために,最も重要なことです。

 

是非,皆さんも,ご自身のルックス・表情・パフォーマンスの好感度を向上させる取り組みを,今から,始めてくださいね!

 

 

では,また明日!!

 

 

教採塾

河野正夫

 

合格への戦略
独学でも、教員採用試験の合格を勝ち取る方法はあります!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・メルマガ】   独学で、教員 …

パフォーマンス力向上
模擬授業で高得点が取れない,模擬授業で不合格になる12の理由とは?

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   【レトリカ・メルマガ】   今日は,模擬 …