教員採用試験は,採用側が採用したいと感じる人を採用します!ですから,採用側に好かれる・気に入ってもらうための戦略が必要です!

パフォーマンス力向上

【レトリカ教採学院】ブログDE教採

 

教員採用試験に合格するのは簡単です。

でも,あなたの考え方ひとつ,準備の仕方ひとつで,簡単な合格が,確実な不合格になります。

 

教員採用試験に合格するために,絶対に必要なことを,ご紹介しますね。

 

重要なことは,3つだけです。

 

(1)教員採用試験は,その本質として,就職試験(就職活動)である。

(2)教員採用試験は,人が人を選ぶ営みである。

(3)教員採用試験は,採用側に気に入られた人が合格する。

 

3つと言っても,結局は,同じことを言っています。

上記の3つを1つに集約すれば,次のようになります。

 

教員採用試験は,採用側が採用したいと感じる人を採用する。

 

これだけです。

 

 

教員採用試験を受験する人のほとんどは,幼稚園・小学校・中学校・高校・大学と,1条校を児童生徒学生として,生きてきて,ちょっとしたアルバイトやボランティアなどを除けば,学校の世界だけを知っている人です。

大学卒業後も,ずっと講師(臨採)をしている人は,まさに,学校外で生きたことがありません。

多くの教員志望者は,いわゆる「就活」(就職活動)も経験したことがありません。

せいぜい,アルバイトくらいです。

 

学校の世界しか知らないから,世の中も,学校の世界の法則・文化・常識で動いていると錯覚します。

自分が勉強した世界が,世の中だと考えている人もたくさんいます。

 

だから,教員採用試験も,入学試験や模擬試験や定期試験のように,いわゆる「試験」だと考えます。

勉強すれば,合格する試験だと勘違いしています。

頑張って準備すれば,合格する試験だと誤解しています。

 

これが不合格の悲劇の始まりです。

 

確かに,教員採用試験も,筆記試験(教職教養,一般教養,専門教養)は,いわゆる学力試験であり,入学試験や模擬授業や定期試験に似通っているところもあります。

でも,筆記試験だけで,教員採用試験の最終的な合否が決まることは,あまりありません。

 

教員採用試験は,あくまでも,採用試験,つまりは,就職試験なので,採用側が,雇いたいかどうかが,合否の決定的な要因になります。

 

ですから,受験者,つまりは,教員候補者としてのあなたが,採用側(採用側の面接官等)から,気に入ってもらえて,この人いいなあ!,この人好きだなあ!と感じてもらえれば合格します。

 

何度も何度も行っていますが,採用試験は,恋愛と似ています。

正しいこと,適切なことを言うだけで,気に入られることはありません。

正しいこと,適切なことを言うだけで,人に好かれることはありません。

 

採用試験とは,採用側の人が,受験者という人を選ぶ営みです。

筆記試験のところでは,学力試験と似ていますが,面接や,模擬授業(場面指導)や,集団討論や,グループワークや,小論文では,正しいことを言う・書くだけでは,ダメです。

採用側の人(面接官・採点官)に気に入ってもらうことが,合格のためには,絶対的に必要です。

 

こんなことは,就活(就職活動)では,当たり前です。

でも,学校の世界しか知らない,教員採用試験の志望者は,正しいこと・適切なことだけを言えば合格する(採用される)と勘違いしています。

この勘違いが,不合格の連鎖を生みます。

この誤解によって,不合格が,何年も,何年も続くのです。

 

さらに,事態を悪化させているのは,教員採用試験の面接の指導者の多くは,教員経験者や,校長経験者です。

こちらもまた,学校の世界以外を知らない人なのです。

企業の人事部にいた人など,ほぼほぼ皆無です。

 

そして,教員志望者(教採受験者)も,変な,公平感・公正観に毒されています。

正しいことを言った人が合格するのが,公平・公正だと勘違いしています。

筆記試験なら,そうかもしれませんが,面接などの人物評価は違います。

 

私が,こういうと,教員志望者(教採受験者)の多くは,面接官の主観で合否が決まるのは,公平・公正ではないなどと言い出します。

もう,完全に,認識がおかしいのです。

 

採用と恋愛は,どちらも,人が人を選ぶ営みなので,似ているところがあります。

恋愛でも,正しいこと,適切なことを言う人が,好かれるのではありませんよね。

魅力がある人が好かれます。

そして,その魅力は,見る人の主観的な感じ方によります。

 

確かに,教員採用試験の採用側は,より優秀な人材を選ぼうとしています。

しかし,優秀だという判断は,極めて主観的なものです。

一緒に働きたいか,部下に持ちたいか,自分が知っている学校で上手くやっていけそうか,同僚と上手くやっていけそうか,そういう判断は,多くの場合,主観的なものです。

 

はっきり言っておきます。

 

教員採用試験の最終的な合否は,採用側の主観で決まります。

 

ですから,採用側の主観を動かすような,戦略が教採合格のための決め手になります。

 

いつまでも,正しいこと,適切なことを言っておけば,合格するなんて,幻想を持っていてはダメです。

正しいことを言う人が合格するのではありません。

採用側に好かれる人が,気に入ってもらえる人が,合格するのです。

 

ですから,採用側に好かれる・気に入ってもらうための戦略が必要です。

 

いつまでたっても,受験作文や良い子ちゃん作文で,正しく,適切なことを,無難な文章にまとめて,話しても,教採合格は勝ち取れませんよ。

 

最初にも言いましたが,教員採用試験は,簡単な試験です。

合格するのも簡単です。

 

でも,教員採用試験の性格を読み違えると,不合格が続くことになります。

 

教員採用試験に合格したいのであれば,戦略的に考えて,戦略的に準備し,戦略的に語ってください。

そうすれば,簡単に合格します。

 

教員採用試験に合格したい人,教採塾に来てください!

簡単に,確実に,楽しく,楽(らく)して,教採合格を勝ち取ることができますから!

 

 

では,また明日!!

 

 

教採塾

河野正夫

 

パフォーマンス力向上
講師特別枠で教員採用試験を受験することは本当に有利なのか?(その1)

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   「教員採用試験に合格するための多様な戦略」・第3回 …

パフォーマンス力向上
低い競争倍率での合格戦略とは?教員採用試験の低倍率化に伴う合格戦略とは?

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   「教員採用試験に合格するための多様な戦略」・第2回 …

パフォーマンス力向上
【教員採用試験に合格するための多様な戦略】を,日々,連載していきます!

【レトリカ教採学院】ブログDE教採   今日は,10月16日です。 特に,なにか,大きな日 …