半袖のワイシャツなんか着ていたら、教採合格を逃しますよ!

パフォーマンス力向上

【教員採用試験のレトリカル戦略】

 

レトリックとは、言葉だけではないと、何度も申し上げました。

レトリックは、相手を説得する術ですから、相手の心を動かして、自分に対して、好感・共感を感じてもらえる要因は、すべて、レトリック的な戦術となります。

 

例えば、服装です。

今回は、男性受講生で、お話ししますね。

 

教員採用試験の2次試験は、主に8月にあります。

夏ですね。

 

多くの自治体は、服装はクールビズでよいとなっています。

 

でも、だからといって、男性受講生の皆さん、半袖ワイシャツで面接を受けるのはやめてくださいね。

半袖ワイシャツは、基本的には、ほとんどの人に似合いません。

本当に、だらしくなく見えるのです。

 

面接用のシャツは、長袖のボタンダウンがいいですね。

できれば、ボタンホールに、それとなく上品な刺繍がしてあるものが、カッコよく見えます。

 

イメージとしては、こんな感じです。

 

 

特に、このメーカー、この製品がよいという意味ではありません。

こういう、ちょっと上品なボタンダウンの長袖のシャツが、受験者をカッコよく見せます。

 

こういうのを見ると、派手とか目立つとか過剰に考える人がいますが、そんなことは全くないですよ。

ネクタイや上着を着けないわけですから、このくらいの方が、キッチリと見えて、合格に繋がるんですよね。

 

いい歳をして、いつまで経っても、大学生みたいなリクルートシャツ、しかも、クールビズで半袖みたいな格好をしているから、何度も何度も、面接で不合格になるんですよ。

 

面接官は特にあなたの服装だけを見るということはありません。

でも、服装がキッチリしていれば、それは、レトリカルなパフォーマンスになり、あなたの印象を高めます。

服装で勝負するのではなく、服装で、あなたの印象を高め、あなたの面接の語りの説得力を高めるのです。

 

無難で目立たずばかりを言っていたら、いつまでも落ち続けますよ。

無難で目立たずで、合格したいのなら、東京大学か、ハーバード大学くらいを卒業しておいてくださいね。

(こういう有名大学を卒業した人は、服装もカッコいいのですけどね。)

 

合格する服装も、個人レッスンでは指導しますので、どんどん相談してくださいね!

 

クールビズの服装選びだけでも、合格に大きく近づけるのですから、是非、本気で取り組んでみてくださいね!

 

 

では、また明日!!

 

 

教採塾

河野正夫

 

パフォーマンス力向上
説明型の語りでは,合格は勝ち取れません。「脚本」・「演出」を駆使した合格への語りを!!

【教員採用試験のレトリカル戦略】   最近,個人レッスンや,講座で,個人面接や模擬授業(場 …

パフォーマンス力向上
スピーチライターの血が騒ぐ!河野正夫は,必要があれば,サンプルスピーチを提供します!

【教員採用試験のレトリカル戦略】   河野正夫の本性は,スピーチライターです! &nbsp …

パフォーマンス力向上
【印象操作の戦略】は面接での合格の鍵です!合格の秘訣は,面接の本当の姿に気づいて,戦略を立てることです!

【教員採用試験のレトリカル戦略】   大進化を遂げた教採塾ですから,このブログも,どんどん …