ビジネスサンダルやウォーキング・ビジネスシューズを活用しましょう!

面接力向上

昨日は、スーツ姿で、スニーカーやスリッパはかっこ悪いと書きました。

 

では、スーツ姿の場合、上履きや運動用の靴の場合、どのようなものを履けばいいのでしょうか?

 

もちろん、運動着に着替えて、体育の実技をする場合は、スポーツ用のシューズで行いますが、スーツのままで、上履きが必要であったり、ちょっとしたグループワークやグループ活動で動くような時には、どのような靴や上履きがよいのでしょうか?

 

答は簡単です。

 

上履きの場合は、いわゆるスリッパではなく、ビジネス・サンダルを履くといいでしょう。

例えば、こんなものです。

 

これはサンダル(上履き)なのですが、履くと普通に靴のように見えて、スーツ姿にスリッパを履いた時のような不自然さが感じられません。

これがサンダル(上履き)なのは、かかとを見ればわかりますが、スーツ姿では、あまりかかとは見えませんので、スーツ姿がとても映えます。

 

もちろん、もっと本格的なビジネス・サンダルもあります。

 

靴のように見えますが、これもサンダル(上履き)です。

ただし、これは、あまりにも靴にそっくりなので、試験会場等で、上履きだと思ってもらえずに、「なぜ、靴で上がって来たのですか?」とたしなめられるかもしれませんね。その恐れがある場合は、あまりお奨めできないかもしれませんね。

 

上履きではなく、ちゃんとした靴(シューズ)の場合は、運動ができ、なおかつ、スーツ姿に似合うのは、ウォーキング・ビジネスシューズです。

たとえば、こんな感じです。

 

ちょっとしたウォーキングなどに最適なシューズですが、ちょっとおしゃれで、スーツ姿にもよく会います。

もちろん、ちょっとした運動等がなければ、スーツ用のちゃんとしたフォーマルな靴を履くべきですが、運動等があるのであれば、スーツ姿にスニーカーよりは、こういうウォーキング・シューズの方が不自然さがなくなります。

 

こういうちょっとした見た目も面接では大切なので、いろいろと気をつけてみてくださいね!!

 

 

では、また明日!!

 

 

教採塾

河野正夫

 

パフォーマンス力向上
教採合格なんて,簡単に勝ち取れるんですよ!

【教員採用試験のバイブル】   つい最近のことですが,ある一つのきっかけのおかげで,久しぶ …

パフォーマンス力向上
合格のための近道・常道・王道がたくさん詰まっています!

【教員採用試験のバイブル】   来年(2019年)の教員採用試験に必ず合格する!と決意して …

合格への戦略
【重要】教採塾創設以来の重大発表をします!

【教員採用試験のバイブル】   今日は,重大発表があります。 教採塾,創設以来の重大発表で …